信用に問題があると無理

信用に問題があると無理

キャッシング契約の際には必ず審査が必要です。ほとんどの貸金業者がコンピューターで短時間に審査を行うことのできる自動スコアリングシステムを採用し、正確かつ公平に審査を行います。

 

審査基準は年収や勤続年数、居住形態といった、申込みをする人の属性を点数化し、その点数によって審査の可否を判断します。

 

審査で一番重要なのは信用です。無担保、保証人不要で融資を行うので、申込む人の信用が担保となります。個人信用情報機関には、各個人がこれまで利用してきたクレジットカードやローンなどの情報が管理されていますので、貸金業者はこの情報を元に審査をします。

 

総量規制によって個人への融資額が年収の3分の1までと定められているため、すでに複数の業者から融資を受けていて、総量規制を超えてしまう可能性がある場合は融資を受けることができません。また、過去の借入れにおいて返済が遅れてしまったり返済を滞納したことがあると、返済能力が低いと判断されてしまいます。

 

そして、同時に複数の業者にキャッシングの申込みを行うと、たとえ契約していなくても申込みをした記録が信用機関に残ってしまうため、資金繰りに困っていると判断され、審査を通過するのが難しくなります。

 

審査が厳しいとされる銀行では特に致命的なミスともなりかねないので、金利に優れている代わりに審査基準は厳しくなっているオリックス銀行カードローンの保証会社審査を進める際などは、多重申し込みにならないように気をつけて審査を受けるようにしてください。