契約で出す書類とは

契約で出す書類とは

金融機関からお金を借り入れるやり方にはいろいろありますが、その中のキャッシングといわれるものは担保や連帯保証人が不要であることが特徴です。

 

しかし自分の身だけで、一切何も用意しなくてもいいのかというと、そういうわけではありません。本人確認書類だけは、どの業者に申し込んでも必要です。本人確認書類として使用できるのは、運転免許証、健康保険証、パスポートなどです。

 

運転免許証は事実上の身分証明書として多くの人が使っていますが、キャッシングの際も役立ちます。原付の免許であれば1日でとれますので、日ごろ運転する機会がない人もとっておくと便利です。ただし、発行は1日で終わると言っても、学科の試験に合格するだけの知識はつけておかないといけません。

 

業者によって違いますが、融資限度額が50万円以下の申しこみであれば、本人確認書類だけあればOKです。それを超える場合、収入証明書類も必要となります。ちなみに、オリックス銀行カードローンは300万円まで所得証明が不要なので、大きな金額を手軽に借りたい方はオリックス銀行カードローンの借り方を調べておくと良いです。

 

収入証明書類は、源泉徴収票、住民税決定通知書、納税通知書、所得(課税)証明書、給与明細書などです。給与明細書以外の、税金関係の書類は、申し込む年の前年度分のものでなくてはいけません。2年以上前の書類を持って行っても無駄になりますので、毎年書類を無くさないように気をつけましょう。